NEWS

6/1 お知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止におけるガイドライン
このガイドラインは「一般社団法人日本ホテル協会」により令和2年5月14日に策定されたものを基準に、当グループとしてまとめたものです。今後の新型コロナウイルス感染症の拡大状況や最新の同ウイルスの予防に係る専門家の知見等を踏まえて必要な見直しを行ってまいります。
 
**ホテルにおけるリスク評価**
ホテル内には不特定多数のお客様が一定の時間滞在されることから、集団感染リスクが高いと考えられている3つの密(密閉・密集・密接)を回避することが重要であるとともに、新型コロナウイルス感染症の主な感染経路である接触感染と飛沫感染について、従業員やお客様の動線や接触等を考慮したリスク評価を行い、そのリスクに応じた対策を検討・実行して参ります。
ホテルにおいて想定されるリスクは下記の通りです
「接触感染」
複数の方が手指などで高頻度に接触する物の表面
・フロントカウンター、ロビー、レストランのテーブル、椅子、メニュー、パブリックスペースのトイレ、エレベーターのボタン、マイク他
使用後の客室内の設備や備品など、手指などで接触する部位
・ドアノブ、テレビや空調のリモコン、電話、椅子、テーブル、筆記用具、スイッチ、トイレバスタブ・シャワーの取手、ドライヤー、客室内に備え付けの館内案内他館内や客室から出たごみの取扱い
・ごみ箱に廃棄されたティッシュ、使用済みのアメニティグッズ他
お客様と従業員の間で、物品等を受け渡しする時やお預かりする際の対応
・ルームキー、クレジットカード、パスポート、紙幣・硬貨
・スーツケースやバッグ(手で持つ部分)

「飛沫感染」
・お客様同士或いはお客様と従業員との至近距離での会話
・換気の状況
・椅子の配置
・宴会等での入場・退場時の行列

■感染防止対策【共通】
・ 新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある場合、同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合、過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航並びに当該在住者との濃厚接触がある場合、発熱や風邪の症状のある場合には、ご来場をご遠慮いただいております。なお、ご来場者様に発熱等の症状がみられる場合、検温等を行い、ご来場を制限する場合もございます。 
・ 感染防止のため、ご来場様が密にならないようスタッフによる誘導等を行います。
・ 施設内複数個所(玄関、レストラン・会場入口等)に手指の消毒設備を設置いたします。
・ 従業員及び関連スタッフは、原則としてマスクを着用いたします。
・ 施設内の換気を徹底いたします。(※2時間ごとの換気)
・ 施設内の消毒を徹底いたします。(※2時間ごとの消毒、ご利用後の消毒)


すべてのお客様にご来場時には、マスクの着用を求め
ロビー等においては、常にマスクの着用をお願いいたします。

■ロビー・レストラン
・フロントカウンター、パブリックスペースのソファー・椅子、エレベーターのボタン、ドアノブなど不特定多数の方が触られる部分を中心に消毒液による拭き取り消毒を頻繁に行います。
・フロントカウンターに、感染予防用の飛沫防止ボードを設置しております。
・チェックイン時、健康状態および渡航履歴などを確認させていただいております。

■レストラン・宴会
・ レストランの利用や宴会・会議場において、テーブルとテーブルの間の距離、一つのテーブルに着席できる人数、着席の仕方などについて、飛沫感染が予防できる一定の距離を保つように配慮いたします。
・ 提供する料理は、個人盛りとし、大皿盛りは避けるようにいたします。
・ お酌、グラスやお猪口の回し飲みはご遠慮ください。
・ 使用するお皿・グラス・シルバー類は使用前の消毒、使用後の洗浄を徹底いたします。
・ テーブル、椅子等は営業開始前に清拭消毒を行います。
・ 宴会場等ドアの開閉は、原則として従業員が手袋を着用のうえ行います。
・ 余興を行う際は、ご列席者と十分な間隔を保つようお願いいたします。
・ 大声を発する余興等については、お控えください。
・ マイクについては、使用の都度、消毒又は差し替えを行います。
・ 迎賓、送賓を行う場合は、人が密集しないよう、係員による誘導を行います。


■トイレ
・ ドアノブ、蛇口、手洗いシンク等は、定期的に清拭消毒を行います。 
・ 手を洗う場所にはハンドソープとペーパータオルを設置いたします。


■清掃・消毒
・ 界面活性剤含有の洗浄剤や漂白剤を用いて清掃。不特定多数が触れる可能性のある個所については、始業前には清拭消毒を行います。

■バックヤード
・ 一度に休憩する人数を減らし、対面で食事や会話をしないようにいたします。
・ 休憩スペースは、常時換気することに努めます。
・ 共有する物品(テーブル、椅子等)は、定期的に消毒を行います。
・ 休憩スペース等を使用する場合は、入退室の前後に手洗い、手指消毒などを行います。


■従業員
・ 従業員及び関連スタッフは、始業前及び実務開始前の検温、体調確認を徹底し、体調不良者については、他者と接することの無いよう配慮し、自宅で静養させる等の措置をとります。
・ 従業員及び関連スタッフは、始業前及び実務開始前に手洗い又は手指消毒を徹底いたします。
・ ユニフォームについては、こまめに洗濯を行い、常に清潔さを保ちます。


■ゴミの廃棄
・ 鼻水、唾液などのごみは、ビニール袋に入れて密閉して縛るように徹底いたします。
・ ゴミを回収する人は、マスクや手袋を着用します。
・ マスクや手袋を脱いだ後は、必ず石鹸と流水で手を洗います。


■その他
・ 高齢者や持病のある方については、感染した場合の重症化リスクが高いことから、お客様と当グループにおいて、より慎重で徹底した対応を相談・検討するようにいたします。
・ 従業員が濃厚接触者となった場合は、14日間の「自宅待機」といたします。
・ 従業員が感染した場合、当該従業員の濃厚接触者を特定し、「自宅待機」といたします。
・ 対象の職場については、保健所と相談のうえ、速やかに消毒等の措置を行います。
・ このガイドラインは、パートナー企業、納入事業者等にも説明し、準拠を求めています。
宿泊予約はこちら

RESERVATIONSご予約

チェックイン
/ /
宿泊数
部屋数
人数


→お得なマイホテルポイントメンバーズのご案内